冷え取り靴下

足先の冷えを解消するなら「冷え取り靴下」が健康的でお勧め!!

足先の冷えは多くの人が悩みに抱える一つです。ここでは、そんな足先の冷えを改善する事ができる「冷え取り靴下」の魅力についてお届けします。

足の冷えについての基礎知識

足の冷えの原因

気温が低く寒い時期になれば、足先がある程度冷たくなるのは当然の事です。しかし、外気温の影響で足先が冷やされるのでは無く、足の先端が温まりにくく、常に慢性的に冷えているような感覚がある場合を「冷え症」と言います。なので、夏場でも足先が冷えていたり、体が冷えていると感じたりしている場合も、冷え性の症状になります。冷え性と言うのは、体内から冷えるので体を少し動かした程度では、体内から体を温める事は中々できません。このように、冷え症と言うのは、本来は正常に働くべき体温調節機能が上手く機能していない状態であると言う事ができます。

冷えとりすると全身温かい

主な原因

自律神経の乱れ
日常生活のストレスや不規則な生活等で、自律神経からの体温調節の命令が上手く働かなくなります。また、日常的に室内の空調が効いている場合、室内外の温度差が大きくなるので、それによっても自律神経機能が乱れてきます。そのような事が原因となって、夏場でも冷え症になるのです。
皮膚感覚の乱れ
サイズに合っていないキツイ下着や靴等の着用によって体が締めつけられていると、体内を循環する血液の流れが滞ってしまい、皮膚感覚が麻痺して寒いと感じる場合があります。なので、体温調節の指令が体に伝わりにくくなります。
体内の血液循環の悪化
例えば、貧血や低血圧等の血管系に疾患がある人の場合、どうしても体内の血流が滞りがちになります。その事によって、十分な血液循環が行われない為に、足先に冷えが生じてきます。
体の筋肉量が少ない
特に、女性の場合は男性と比較して筋肉量が少ないので、筋肉運動によって生じる発熱や血流量は少なくなります。その事も、女性に冷え症が多い要因の一つと言えます。また、女性に限らず運動不足の人と言うのも、体の筋肉量が少なくなっているので、足先が冷えやすくなります。
女性ホルモンの乱れ
日常生活のストレスや更年期障害等で、女性ホルモンの分泌が乱れて血液循環の悪化を促進する場合もあります。その事で、足先の末端冷え性を引き起こしている事もあります。

特に足先に冷えを感じる訳とは…

冷え取り靴下

人間の体は、重要な臓器が集まっている中心部と言うのは、通常は37度前後に保たれています。特に、気温が低くなる時期には、体の中心部に血液を集めて体温維持します。しかし、足先が末端冷え性になっていると、体内の血液が行き渡りにくい状態になっているのでどうしても足先の温度が下がってしまい、冷えを強く感じるのです。

 「冷え取り靴下」は足の冷えを取る健康法 

健康法と言われる由縁

基本的に、冷え取りを改善する方法と言うのは「半身浴」です。お風呂で半身浴をする事によって、体も体内から温まる事ができ、体の毒素も排出しやすくなると言われています。しかし、日常生活を送る中で常に何十時間も半身浴する事は難しいですよね。そんな時に便利に活用できるのが「冷え取り靴下」です。
半身浴で冷えを取ると言う健康法に基づいて、頭寒足熱の状態を靴下でつくる事ができます。靴下を重ね履きする事で足先を温めて半身浴した状態を意図的に作る事ができる優れた健康アイテムなのです。

冷え取り靴下の良い所

基本的に足の裏や指の間と言うのは、汗腺がとても発達しており、大体一日あたりコップ一杯分程度の汗が出ていると言われています。汗は、汗をかいている時には一時的に暑く感じるものですが、時間が経つと発汗した汗が徐々に冷えていって、足元を冷やしてしまう原因に繋がります。
冷え取り靴下は、発汗した汗と一緒に毒素も排出されるので、冷えや食べ過ぎの毒素を足の汗腺から沢山排出する働きがあります。なので、毒を吸湿したり放湿したりしてくれる、絹・綿・ウール・麻と言うような、天然素材で作られた靴下を重ね履きする事によって、足先の冷えを取る事ができるのです。

男性にもおすすめの冷え取り靴下

冷え取り靴下は、基本、最低四枚は重ね履きするのが一般的です。「四枚は着用できないかも…。」「会社に行くときはむずかしいかも…。」という方でも、始めは一枚か二枚重ね履きからでも気軽に挑戦してみる事ができます。重ね履きに慣れて来たら、四足重ねに履きにチャレンジしてしっかり冷え性ケアができるようにする事がお勧めです。

靴下重ね履きの効果

靴下の重ね履き効果

冷え取り靴下と言うのは、前途でもお伝えしているように、半身浴に入る事ができない時間帯であっても、冷えを取る手段として大きな効果をもたらしてくれるアイテムです。日中は靴下の重ね履きが難しい人も、自宅に帰ったら冷え取り靴下を最低二枚は重ねて過ごすと効果を実感できます。
また、就寝している時が冷え取りに効果的で最適な時間です。無意識の状態である時に人間は自己免疫力がアップするので、冷え取り靴下を履いて、足の浮腫や冷えを改善して快適な朝を迎える事ができます。冷えが改善されてくると健康的な体になって、肌調子も良好になったり、浮腫みも取れたり、 風邪予防になったり、色々と体にとって良いメリットが出てきます。また、必要以上に過食する事を抑えられるので、ダイエットにも繋がります。

 冷え取り靴下の優れた健康効果 

冷え取り靴下

冷え取り靴下には、正しい履き方があります。なので、その履き方を正しく守って履く事で、足冷えの悩みを改善していく事に繋がります。では、実際の冷え取り靴下の紹介と、その機能性について詳しくお伝えします。

冷え取り靴下の紹介
まず、1枚目は絹の5本指靴下で、絹は排毒を促して発散させる効果があります。そして2枚目には綿かウールの5本指靴下で、1枚目の靴下で指間から排出された湿気や汚れを吸収します。3枚目は再び絹の靴下で、2枚目の靴下が吸収した汚れや湿気を吸い取って4枚目の靴下に渡します。最後の4枚目には綿かウールの靴下で、3枚目の靴下から渡された汚れや湿気を吸収します。 このように、冷え取り靴下には、絹→綿orウールの順に靴下を着用していく決まりがあります。この順番さえしっかり守れば、この後も何枚でも自由に重ねて着用する事も可能です。なので、自分のその日の体調や服装等に合わせて、靴下を履く枚数を選ぶ事ができます。
冷え取り靴下は最低4枚がおすすめ

素材の機能性と役割

絹(シルク)
保温性に優れており、不快な湿気、毒素、老廃物等を吸収して排出する機能を持っています。
ウール
ウール冷え取り靴下

高い保温性に加えて、吸湿性や放湿性にも優れています。また、絹の靴下の上からウールの靴下を着用する事で、絹から放出された湿気を吸収して発散させる効果が高まります。また、汗冷えを抑えて体温を奪いにくくさせる特性があります。

綿(コットン)
1枚目の絹の靴下から出る湿気を吸収する効果があり、ウールに比べて軽い履き心地です。しかし、ウールと比較すると乾きづらさがあります。ウールの肌触りが得意で無い人にはお勧めです。

天然繊維とウールの組み合わせは相性抜群

天然繊維と言うのは、体内の老廃物を吸収する性質を持っています。そんな中でも、絹は吸収して外部に排出する働きがとても強く、毒素を排出すると言われる足裏に絹の5本指ソックスを履く事は、大変効果的な毒素排出になります。次に、綿やウールを着用する事で高い吸収力が発揮されます。しかし、排出力が少ないのでまた次にシルクを重ね履きして排出を促します。こうして、毒を外部へ追い出す事が冷え取り靴下の仕組みです。ウールは綿に比べて保温に優れているので、足先を温めながら毒素を吸収する事ができ、絹との相性も良くなっています。

天然繊維の冷え取り靴下

絹の健康パワー

天然繊維である絹は、湿気を吸収する他にも毒素も一緒に吸い取ります。絹と言うのは、元々アミノ酸でできており湿気や毒素に弱いのですが、その水分は絹の繊維も溶かしてくれます。なので、足元の排毒が進む事によって靴下に穴ができます。靴下が破れた場所によって、どの内臓に毒が溜まっていたかを見る事もできます。しかし、冷え取り靴下の効果で冷えが取れ始めて、体の毒が次第に減ってくると靴下は破れにくくなります。
また、冷え取りを行って毒素が排出され始めると、手、足、目、耳、鼻、皮膚等に、めんげんと言われる症状が出る場合があります。これは、内臓に溜まっていた毒を排出して自然治癒力の働きが高まる事で発生します。大病防止の肩代わりとして生じるものだとも言われています。


冷え取り靴下天然繊維100%で楽しく冷え取りをする靴下はこちら★